Yogibo WEリーグ最終節が22日に行われた。


 三菱重工浦和レッズレディースと日テレ・東京ヴェルディベレーザの対戦は、藤野あおばの2ゴールで東京NBが2点を先行。しかし、浦和は菅澤優衣香が2ゴールを挙げて追いつき、2−2のドローに終わった。菅澤はシーズン14得点となり、初代得点王となった。


 初代王者のINAC神戸レオネッサは、田中美南がハットトリックを記録し、大宮アルディージャVENTUSを5−2で撃破。田中はシーズン12得点で得点ランキング2位となった。


 サンフレッチェ広島レジーナは71分に上野真実が挙げた決勝点を守り抜き、AC長野パルセイロ・レディースを1−0で撃破。S広島Rはホーム4連勝でシーズンを締めくくり、上野はシーズン11得点で得点ランキング3位となった。


 マイナビ仙台レディースはノジマステラ神奈川相模原と対戦。序盤に先制を許したものの、90分に浜田遥が劇的な決勝ゴールを挙げて2−1で逆転勝利し、4試合ぶりに白星を挙げてシーズンを終えた。


 最終節の試合結果と最終順位表は以下の通り。


■試合結果

▼5月22日(日)

三菱重工浦和レッズレディース 2−2 日テレ・東京ヴェルディベレーザ

大宮アルディージャVENTUS 2−5 INAC神戸レオネッサ

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 1−1 アルビレックス新潟レディース

ノジマステラ神奈川相模原 1−2 マイナビ仙台レディース

サンフレッチェ広島レジーナ 1−0 AC長野パルセイロ・レディース


WE ACTION DAY:ちふれASエルフェン埼玉


■順位表

※()内は勝ち点/得失点差


1位 I神戸(50/+26)

2位 浦和(42/+16)

3位 東京NB(34/+14)

4位 千葉L(34/+8)

5位 マイ仙台(31/+9)

6位 S広島R(25/−2)

7位 AC長野(21/−9)

8位 新潟L(19/−10)

9位 大宮V(18/−14)

10位 N相模原(13/−18)

11位 EL埼玉(13/−20)