リヴァプールが、バイエルンから届いたセネガル代表FWサディオ・マネへのオファーを拒否したようだ。6日にイギリスメディア『タイムズ』など複数のメディアが報じている。


 マネとリヴァプールの現行契約は2023年夏で満了を迎える。一部報道ではフリートランスファーでの退団を避けるため、今夏に売却する可能性も指摘されていた。マネ自身も移籍を希望していると噂されており、今夏の去就には大きな注目が集まっている。


 このような状況の中、マネの獲得に動き出しているクラブがバイエルンだ。以前から関心は報じられていたものの、今回の報道によると、ブンデスリーガ王者は既に正式なオファーを出したという。初回は2500万ポンド(約41億円)という条件を提示したものの、リヴァプールはこのオファーを拒否したようだ。


 2016年夏の加入以降、マネはリヴァプールの中心選手として活躍を続け、現在は“背番号10”を着用している。2021−22シーズンは公式戦通算51試合に出場し23ゴールを挙げており、30歳となった現在もプレーに衰えは見られていない。果たして、マネは来季もリヴァプールの一員として戦っているのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。