Jリーグは17日、5月度の「2022明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」、「2022明治安田生命JリーグKONAMI月間ベストゴール」、「月間優秀監督賞」を発表した。


 明治安田生命J1リーグの月間MVPは、セレッソ大阪のDF毎熊晟矢が受賞した。5月度に3ゴール2アシストを記録し、Jリーグ選考委員会の北條聡委員は「セレッソ進撃の呼び水となった右サイドの矢」と評価。同選手は「セレッソファミリーへの賞だと思っています。これに満足することなく、また1日1日の練習を大切にして、セレッソ大阪のタイトル獲得に貢献できるように励んでいきたいと思います」とコメントしている。


 明治安田生命J2リーグでは、アルビレックス新潟のMF三戸舜介が月間MVPを受賞。現在U−21日本代表の一員としてAFC U−23アジアカップウズベキスタン2022にも参加している俊英は、2ゴール2アシストの活躍でチームの躍進を支えた。また、明治安田生命J3リーグの月間MVPは、3ゴール2アシストを記録した鹿児島ユナイテッドFCのFW有田光希となった。


 月間ベストゴールはそれぞれ、J1がMFマテウス・サヴィオ(柏レイソル)、J2がMF山口一真(FC町田ゼルビア)、J3がFW押谷祐樹(藤枝MYFC)のゴールとなった。


 また、月間監督賞には、J1で4勝1分1敗の成績を収めた横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督、J2で5勝1敗の成績を収めた新潟の松橋力蔵監督、J3で3戦全勝だった鹿児島の大嶽直人監督が選ばれた。


 各賞の受賞者は以下の通り。


◆■2022明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP

J1:毎熊晟矢(セレッソ大阪)※初受賞

J2:三戸舜介(アルビレックス新潟)※初受賞

J3:有田光希(鹿児島ユナイテッドFC)※初受賞


◆■2022明治安田生命Jリーグ KONAMI月間ベストゴール

J1:マテウス・サヴィオ(柏レイソル)※初受賞

第16節清水エスパルス戦 13分の得点



J2:山口一真(FC町田ゼルビア)※初受賞

第16節アルビレックス新潟戦 29分の得点



J3:押谷祐樹(藤枝MYFC)※初受賞

第8節FC岐阜戦 51分の得点



◆■2022明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞(5月)

J1:ケヴィン・マスカット監督(横浜F・マリノス)※2度目の受賞

J2:松橋力蔵監督(アルビレックス新潟)※初受賞

J3:大嶽直人監督(鹿児島ユナイテッドFC)※初受賞