オーストリア・ブンデスリーガ(オーストリア1部)のSCラインドルフ・アルタッハは17日、元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ氏が新監督に就任することをクラブ公式サイトで発表した。


 SCラインドルフ・アルタッハのクラブ公式サイトには、以下のようにクローゼ氏のコメントが掲載されている。


「ここアルタッハでの新しい仕事を本当に楽しみにしています! 私は最初から前向きな気持ちでここへとやって来ました。クラブ首脳陣との話し合いはとてもオープンだったので、私はこの仕事をやりたいと感じていたのです。今ではチーム、クラブに関わるすべての人々、そしてもちろんファンのことを知るのが待ちきれません」


 また、ベルナー・グラバースポーツディレクターは「ミロスラフの性格はアルタッハに非常によく合うと思います。彼が初めて指揮官を務めるにあたって必要となる環境を提供していきます」と、トップチームでの初の監督業にチャレンジするクローゼ氏を全面的にバックアップすることを約束した。


 現在44歳のクローゼ氏は、2000年4月にカイザースラウテルンでプロデビューを果たすと、2004年7月にはブレーメンへと完全移籍。2007年6月にはバイエルンへと加入し、約4年間の在籍で公式戦150試合に出場して53ゴール27アシストを記録した。2011年6月にはバイエルンを退団し、ラツィオへと完全移籍。セリエAでも持ち前の得点感覚を発揮し、公式戦171試合に出場して63ゴール35アシストを記録した。2016年に現役を引退すると、以後は指導者の道を志し、FIFAワールドカップロシア2018ではドイツ代表のコーチングスタッフを担当。その後も、バイエルンでU−17チームの監督や、トップチームのアシスタントコーチなどを務めた。