リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが自身のSNSを通じて、退団が決定したセネガル代表FWサディオ・マネへ惜別のメッセージをつづった。


 2017年からリヴァプールでプレーしているサラーは、2016年から在籍していたマネとは5シーズンに渡ってプレー。攻撃陣を牽引した両者の活躍もあり、チャンピオンズリーグやプレミアリーグ、FIFAクラブワールドカップ、FAカップ、カラバオ・カップ、UEFAスーパーカップの計6つのタイトルをクラブにもたらしていた。


 チームに欠かせない選手となっていたマネだが、22日にバイエルンへの完全移籍が発表され、リヴァプールを退団することが決定した。これを受け、サラーは自身の公式ツイッターを更新し、思い出の写真とともにリヴァプールで一時代を築いた相棒に別れのメッセージを送った。


「素晴らしい経験だった!すべてのいい時間をありがとう。君の新しい冒険が最高なものになることを祈っている!僕たち皆、君がいなくなって寂しく思っているよ」