ニューカッスルが、チェルシーに所属するアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤの獲得に関心を示しているようだ。3日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。


 現在20歳のブロヤは2009年にチェルシーの下部組織に加入し、2020年3月のプレミアリーグでトップチームデビューを飾った。2020−21シーズンはフィテッセ(オランダ)へと期限付き移籍し、エールディヴィジでは30試合出場で10ゴールを記録。2021年7月にチェルシーとの契約を2026年6月30日まで延長し、同8月にサウサンプトンへ1年間のレンタル移籍をすると、公式戦38試合出場で9ゴール1アシストを記録する活躍を披露した。


 レンタル移籍期間の満了に伴い、今夏チェルシーに復帰したブロヤだが、2021−22シーズンの活躍を受け複数クラブから関心を寄せられていることが明らかになっており、先日にはウェストハムが同選手の獲得に向けて移籍金3000万ポンド(約49億円)のオファーを準備していることが報じられていた。


 さらに今回の報道によると、ニューカッスルもブロヤに興味を示している模様で、レンタル移籍での獲得を画策しているようだ。なお、ベルギー代表FWロメルがインテルへと移籍したチェルシーとしては、トーマス・トゥヘル監督がプレシーズンでブロヤをトップチームに加えることを希望していることから、早急に同選手の退団を容認するつもりはないことも伝えられている。


 ブロヤにはウェストハムやニューカッスルのほかにも、サウサンプトンも再獲得に関心を示していることが明らかになっているが、果たして同選手は2022−23シーズンをどこでプレーすることになるのだろうか。