アーセナルから3選手の退団が近づいているようだ。2日、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が、自身の『Twitter』で伝えている。


 ロマーノ氏によると、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ、ドイツ代表GKベルント・レノ、スペイン人DFパブロ・マリの3選手が退団に近づいているとのこと。トレイラはガラタサライ行きが濃厚で、クラブ間合意を待っている最中。そして、レノは移籍金800万ポンド(約13億円)でフルアムへの移籍がまもなく成立し、今日2日にもメディカルチェックを受診すると伝えられている。


 また、この2人に続いて退団するのはマリとされ、モンツァとヴェローナのイタリア勢が関心を寄せているとのことだ。


 トレイラは2018年夏にサンプドリアから加入。これまでのアーセナルに不在だった、守備力の高いセントラルMFとして期待されており、2018−19シーズンはリーグ戦34試合に出場。しかし、それ以降は出番を減らし、2020−21シーズンからは2年連続でローン移籍していた。


 レノも2018年夏にレヴァークーゼンから移籍。2018−19シーズンから、2020−21シーズンまでは負傷離脱期間を除き、アーセナルの絶対的守護神として君臨。脆弱すぎるDFラインを支える孤軍奮闘の活躍を見せていた。しかし、2021−22シーズンはより足元の技術に優れたイングランド代表GKアーロン・ラムズデールにポジションを奪われ、リーグ戦4試合の出場に留まっていた。


 マリは、ミケル・アルテタ体制最初の移籍市場で獲得されたセンターバック。2020年冬にフラメンゴから加入し、主にバックアッパーとしてチームを支えた。2022年冬にウディネーゼへとローン移籍した。


 転換期のアーセナルを支えた3選手との別れが近づいている。選手本人たちには、大きな感謝とこれからの多幸を祈るばかりだ。