セビージャは7日、スペイン代表MFイスコの加入で同選手と基本合意に達したことをクラブ公式サイトで発表した。8日に行われるメディカルチェックを通過後、2024年夏までの2年契約を結ぶ予定となっている。


 現在30歳のイスコは、バレンシアの下部組織出身。2011年夏に加入したマラガでブレイクを果たし、2013年夏にレアル・マドリードへと完全移籍した。レアル・マドリードに在籍した9シーズンで公式戦通算353試合に出場し、53ゴール56アシストを記録。5度のチャンピオンズリーグ優勝、3度のラ・リーガ制覇などを経験した。しかし、近年は序列が低下し、今夏の契約満了に伴い退団していた。


 また、スペイン代表では38試合に出場し、12ゴールを記録している。かつて同国代表を率いたフレン・ロペテギ監督のラブコールもあり、国内外の複数の選択肢からセビージャを新天地に選んだ。