マンチェスター・Cに所属しているノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、同クラブの“レジェンド”と並ぶ鮮烈なプレミアリーグデビューを飾った。


 ハーランドは7日に開催されたプレミアリーグの開幕戦、『ロンドン・スタジアム』で行われたウェストハムとの一戦にスタメンで出場した。スコアレスで迎えた36分に自身が倒されて得たPKを沈め、マンチェスター・C加入後の公式戦初ゴールをマーク。65分にはベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネからのスルーパスに抜け出し、GKとの1対1を制してゴール左下に流し込んだ。ハーランドの2得点でマンチェスター・Cは2−0と快勝。プレミアリーグ3連覇に向けて白星発進を飾った。


 プレミアリーグのデビュー戦で2得点を決めたハーランド。マンチェスター・C加入後のプレミアリーグ初戦で2ゴールという記録は、元アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ氏以来、プレミアリーグ発足後のクラブにとって2人目の快挙となった。アグエロ氏は2011年夏にアトレティコ・マドリードから完全移籍で加入すると、2011−12シーズンのプレミアリーグ第1節スウォンジー戦ではベンチからのスタートに。それでも、後半途中からピッチに送り出されると、約30分間ほどのプレー時間で2得点1アシストと大活躍。4−0での勝利に貢献していた。


 なお、アグエロ氏は10シーズンにわたってマンチェスター・Cでプレーし、5度のプレミアリーグ制覇や5度のリーグカップ優勝など数多くのタイトル獲得に貢献した。マンチェスター・Cでの10シーズンでは公式戦391試合に出場し260ゴールを記録。このゴール数はクラブの歴代最多得点記録だ。また、プレミアリーグだけに限定しても通算で184ゴールを挙げており、単一クラブでのプレミアリーグ通算最多得点記録保持者となっている。


 プレミアリーグの初戦で2ゴールを記録し、ハーランドはアグエロ氏と並ぶ強烈なインパクトを残した。果たして、クラブに栄光をもたらした“レジェンド”のように、今後もゴールラッシュを継続できるだろうか。