鹿島アントラーズの岩政大樹コーチが8日、自身のツイッター(@_PITCHLEVEL)を更新。同クラブが7日にレネ・ヴァイラー監督との契約を双方合意のもとで解除したことを受けて、心境を綴った。


 現在、鹿島は明治安田生命J1リーグで5位につけているものの、直近5試合では3分2敗と勝利から遠ざかっていた。同クラブは7日、今シーズンからチームを率いていたヴァイラー監督との契約を双方合意のもとで解除。クラブ初の欧州出身指揮官との別れを選択した。


 今シーズン序盤、新型コロナウイルスの水際対策強化の影響で来日が遅れていたヴァイラー監督の代行としてチームを指揮した岩政コーチは、8日に自身のツイッターで以下のようにメッセージを綴っている。


「みんなで前に進もう。みんなで新しい鹿島を創る。誰かが創ってくれるわけじゃない。みんなで」


 なお、鹿島は7日に更新したクラブ公式サイト内で、後任人事について「正式決定次第お知らせいたします」と発表している。