ヴァンフォーレ甲府は10日、MF小林岩魚の負傷内容について、クラブ公式サイトで発表した。


 甲府のクラブ公式サイトによると、小林は6日に行われた明治安田生命J2リーグ第30節のFC琉球戦で負傷。9日に手術を行っており、右脛骨骨幹部骨折と診断された模様だ。全治は約4カ月の見込み。


 現在25歳の小林は、甲府のユース出身。山梨県立甲府第一高等学校、専修大学を経て、2019年に甲府へと加入した。今シーズンはここまで、明治安田生命J2リーグで21試合に出場。天皇杯では1試合に出場している。