U−20女子日本代表(ヤングなでしこ)は11日、FIFA U−20女子ワールドカップコスタリカ2022・グループD開幕節でU−20女子オランダ代表と対戦した。


 大会2連覇を目指すヤングなでしこは、グループD開幕節でオランダ代表と対戦した。最初のチャンスを迎えたのは15分、敵陣奥深くでボールを受けたFW浜野まいかが起点となり、最後はMF天野紗がシュートを放つ。惜しくも、ゴールマウスを捉えられなかった。


 それでも23分、天野の縦パスを反転して受けた浜野がスルーパスを供給すると、相手DFの背後を取ったFW山本柚月がPA内から右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。


 先制に成功して勢いに乗るヤングなでしこは40分、中央でのコンビネーションでオランダ代表を翻弄した。MF大山愛笑のピッチを切り裂くようなスルーパスから、FW藤野あおばがシュート。しかしながら、僅かにゴール左へと逸れてしまった。


 リードして折り返したヤングなでしこは65分、相手選手にPA内から強烈なシュートを打たれるも、GK福田史織がファインセーブでチームを救った。


 追加点が欲しいヤングなでしこは75分、大山が敵陣でボール奪取に成功。手数をかけない攻撃から浜野がシュートを放つも、相手GKの好セーブに遭う。


 試合はこのまま1−0で終了し、開幕節を勝利で飾ったヤングなでしこ。その一方で、シュート27本を放ったものの、最後まで追加点が奪えなかった。


 何はともあれ、大会連覇に向けて白星発進となったヤングなでしこの次戦は14日、第2節でU−20女子ガーナ代表と対戦する。


【スコア】

U−20女子日本代表 1−0 U−20女子オランダ代表


【得点者】

1−0 23分 山本柚月


【グループD・第1節終了時】

1位 アメリカ(勝ち点3、得失点差+3)

2位 日本 (勝ち点3、得失点差+1)

======決勝T進出======

3位 オランダ(勝ち点0、得失点差−1)

4位 ガーナ(勝ち点0、得失点差−3)