アーセナルに所属するブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイスが、チームの状態や新戦力について言及した。11日、イギリスメディア『スカイスポーツ』がコメントを伝えている。


 プレシーズンではチェルシーやセビージャ相手に大勝し、先日行われたクリスタル・パレスとのプレミアリーグ開幕戦も2−0で勝利するなど、好調を維持しているアーセナル。センターバック(CB)の主軸として活躍するガブリエウは、チームの状態について「今は間違いなく良い状態にある。夏、クラブにはたくさんの変化があったし、良いスタートを切ることが重要だった」とコメント。続けて今夏に加わった新戦力がチームに与える影響について次のように語った。


「新しい選手が入ってくれば、必ずチームのクオリティが上がると思う。それは新加入選手もそうだし、レンタル移籍から戻ってきた選手も同じだ。みんなチームを助けるためにここにいるんだ。クオリティーが上がれば、アーセナルをあるべき位置に持っていくことができる」


 クリスタル・パレス戦ではレンタル移籍から復帰した選手の活躍が目立った。今夏マルセイユから復帰したフランス代表DFウィリアン・サリバはガブリエウとCBのコンビを組み、冷静かつアグレッシブな守備で勝利に大きく貢献した。ガブリエウはサリバについて「とても有望な才能を持っている」とコメント。続けて次のように語り、同選手との今後の共闘への意欲を語った。


「彼はチームを助けるためにここにいるし、それは彼の実力が物語っている。彼はチームに多くのクオリティを与えてくれたし、輝かしい未来が待っていると思うよ。クオリティが高く、フィジカル的な強さもある。僕たちは似たような資質を持っているし、お互いをよく補い合えると思うんだ」


 クラブの悲願であるチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け、好スタートを切ったアーセナル。新戦力やレンタル復帰組だけでなく、CBの主軸として年々存在感を増しているガブリエウの活躍からも目が離せない。アーセナルは次節、開幕2連勝をかけて現地時間13日にレスターとホームで対戦する。