アトレティコ・マドリードに所属するデンマーク代表MFダニエル・ヴァスは、ブレンビーへの完全移籍に近づいているようだ。12日、スペイン紙『マルカ』が伝えた。


 報道によると、ヴァスは現地時間11日にデンマーク入り。12日に予定されているメディカルチェックを通過すれば、ブレンビーと3年契約を結ぶことになるようだ。


 現在33歳のヴァスは、ブレンビーの下部組織出身。2007年12月に18歳でトップチームデビューを飾り、ベンフィカに移籍する2011年夏まで在籍した。その後はエヴィアンやセルタ、バレンシアでプレーし、2022年1月にアトレティコ・マドリードへと完全移籍した。


 しかし、デビュー戦となった2月6日のバルセロナ戦で右ひざ内側側副じん帯を損傷するケガを負い、約2カ月間離脱。復帰後はベンチ入りしたものの出番は訪れず、結局出場は1試合のみにとどまった。


 今夏のプレシーズンマッチではセンターバックとしても起用されていたヴァス。それでも、FIFAワールドカップカタール2022を見据えて定期的な出場機会を望み、11年ぶりの古巣復帰を果たすことになりそうだ。