明治安田生命J1リーグの6試合が13日と14日に行われた。


 浦和レッズは敵地でジュビロ磐田と対戦。ダヴィド・モーベルグと小泉佳穂が2ゴールを挙げ、キャスパー・ユンカーに約3カ月ぶりの得点が生まれるなど、6−0の大勝を収めた。敗れた磐田は最下位に転落し、14日に伊藤彰監督との契約解除を発表した。


 監督交代を行った鹿島アントラーズは、序盤と終了間際の得点でアビスパ福岡に2−0で勝利。リーグ戦6試合ぶりに勝ち点3を手にし、岩政大樹監督体制は白星スタートとなった


 柏レイソルとサンフレッチェ広島の上位対決は、開始早々に広島がセットプレーで先制。しかし、柏は前半終盤に追いつくと、後半立ち上がりに相手のオウンゴールで逆転する。それでも、広島は61分に松本泰志の強烈なミドルシュートで試合を振り出しに戻し、67分に藤井智也のクロスがそのままゴールに吸い込まれて勝ち越しに成功。シーソーゲームを3−2で制した広島が、柏の連勝を「4」で止めた。


 今季初の連勝を目指す清水エスパルスは、敵地でガンバ大阪と対戦。清水は前半、決定機が2度ポストに阻まれてスコアレスで折り返したが、73分にベンジャミン・コロリが先制点を記録。さらに86分、カルリーニョス・ジュニオがリードを広げ、2−0で勝利した清水は今季初の連勝となった。一方、G大阪は6戦未勝利で17位に転落した。


 ヴィッセル神戸は汰木康也の2得点で北海道コンサドーレ札幌を撃破。4試合ぶりの白星で連敗を止め、自動降格圏から脱出した。


 なお、台風8号の影響により、首都圏で予定されていた3試合が中止となった。


 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは以下の通り。


◆■試合結果

▼8月13日(土)

北海道コンサドーレ札幌 0−2 ヴィッセル神戸

ジュビロ磐田 0−6 浦和レッズ

FC東京 (試合中止) セレッソ大阪

川崎フロンターレ (試合中止) 京都サンガF.C.

横浜F・マリノス (試合中止) 湘南ベルマーレ


▼8月14日(日)

鹿島アントラーズ 2−0 アビスパ福岡

柏レイソル 2−3 サンフレッチェ広島

ガンバ大阪 0−2 清水エスパルス

サガン鳥栖 0−0 名古屋グランパス


◆■順位表

※()内は勝ち点/得失点差


1位 横浜FM(48/+24)※1試合未消化

2位 鹿島(43/+6)

3位 柏(42/+7)

4位 C大阪(41/+13)※1試合未消化

5位 広島(41/+9)

6位 川崎F(40/+8)※3試合未消化

7位 浦和(35/+12)

8位 FC東京(35/−2)※1試合未消化

9位 鳥栖(33/+7)※1試合未消化

10位 名古屋(30/−3)※1試合未消化

11位 札幌(28/−16)

12位 清水(27/−5)

13位 福岡(27/−5)※1試合未消化

14位 京都(26/−5)※1試合未消化

15位 湘南(25/−11)※1試合未消化

16位 神戸(24/−9)

17位 G大阪(22/−11)※1試合未消化

18位 磐田(22/−19)


◆■次節の対戦カード

▼8月19日(金)

19:30 名古屋 vs 磐田


▼8月20日(土)

14:00 札幌 vs 鳥栖

18:00 清水 vs 柏

19:00 広島 vs G大阪

19:00 福岡 vs 川崎F


▼8月21日(日)

19:00 湘南 vs 鹿島


▼9月14日(水)

19:00 京都 vs 横浜FM

19:00 神戸 vs FC東京

19:30 浦和 vs C大阪