U−20女子日本代表(ヤングなでしこ)は17日、FIFA U−20女子ワールドカップコスタリカ2022・グループD第3節でU−20女子アメリカ代表と対戦した。


 ヤングなでしこは2018年に行われたFIFA U−20女子ワールドカップで優勝を達成。2020年に開催が予定されていた同大会は新型コロナウイルスの影響で中止となった為、今大会は4年ぶりの開催となっている。


 11日に行われたU−20女子オランダ代表戦を1−0で、14日に行われたU−20女子ガーナ代表戦を2−0でそれぞれ勝利し、2連勝スタートを飾っているヤングなでしこはグループステージ突破をかけて第3節のアメリカ代表戦に臨んだ。


 試合はスコアレスで前半を折り返して迎えた55分、松窪真心が冷静な切り返しから左足を振り抜き、先制点をマーク。さらに67分にはファーサイドでクロスを受けた小山史乃観が左足で強烈なシュートを放ち、追加点を挙げた。


 70分にはシモン・ジャクソンにゴールを奪われ、今大会初失点を喫したものの、88分には田畑晴菜が頭で押し込んでネットを揺らし、再びリードを2点差に広げ、試合はこのまま3−1で終了。3連勝を飾り、首位でのグループステージ突破を果たした。


 なお、準々決勝となる次戦は21日20時(日本時間22日11時)キックオフ予定となっており、グループCの2位通過チームと対戦する。


【スコア】

U−20女子アメリカ代表 1−3 U−20女子日本代表


【得点者】

0−1 55分 松窪真心(U−20女子日本代表)

0−2 67分 小山史乃観(U−20女子日本代表)

1−2 70分 シモン・ジャクソン(U−20女子アメリカ代表)

1−3 88分 田畑晴菜(U−20女子日本代表)


【スターティングメンバー】

大場朱羽;長江伊吹、石川璃音、杉澤海星、田畑晴菜、小山史乃観;大山愛笑(65分 天野紗)、岩﨑心南(90分 吉田莉胡)、松窪真心(90分 島田芽依);山本柚月(65分 浜野まいか)、藤野あおば(71分 土方麻椰)


【グループD順位表】

1位 日本(勝ち点9、得失点差+5)

2位 オランダ(勝ち点6、得失点差+5)

======決勝T進出======

3位 アメリカ(勝ち点3、得失点差−2)

4位 ガーナ(勝ち点0、得失点差−8)