ナポリは18日、ヴェローナのアルゼンチン代表FWジオバンニ・シメオネを買い取り義務付きのローン移籍で獲得したと発表。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ローンフィーは350万ユーロで、買い取り額は1200万ユーロになると伝えられている。


 現在27歳のシメオネは、リーベルの下部組織出身。2013年にトップチームへ昇格すると、2016年夏にジェノアへと移籍し、欧州に上陸。その後、フィオレンティーナ、カリアリでのプレーを経て、2021年からヴェローナへとローン移籍。今夏ヴェローナが買い取り、すぐナポリへと移った格好だ。父親は元アルゼンチン代表MFで、現在はアトレティコ・マドリードを指揮するディエゴ・シメオネ監督。


 セリエAでは通算215試合出場で67ゴールを挙げているシメオネ。多くの主力放出で転換期を迎えているナポリでもゴールを量産出来るか。