FC東京は28日、MF塚川孝輝と2023シーズンの契約に合意したことを発表した。


 現在28歳の塚川は流通経済大学出身で、2017年にファジアーノ岡山へ加入。2019年に松本山雅FCへ完全移籍で加入し、同年7月にはFC岐阜へ期限付き移籍した。2020シーズンに松本に復帰した後、2021年に川崎フロンターレに加入した。


 今シーズンは川崎Fで公式戦13試合に出場すると、今年7月にFC東京へ完全移籍。FC東京では明治安田生命J1リーグで12試合に出場し、2得点を記録した。


 契約を更新した塚川はFC東京のクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。


「2023シーズンをFC東京でプレーさせていただきます。このエンブレムをつけて戦えることと、東京ファミリーのみなさんとまたともに戦えることをとても嬉しく思います!そして、タイトルを獲れるように、結果にこだわりFC東京最強の時代を作れるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」