国際親善試合が26日に行われ、ドイツ代表とオランダ代表が対戦した。


 今年6月に開催されるEURO2024に開催国として臨むドイツ代表。本大会に向けた予選を免除される状況のなか、2023年に行われた国際Aマッチでは3勝2分6敗と大きく負け越し、日本代表に1−4で敗れた直後の昨年9月にはハンジ・フリック前監督を解任に踏み切った。新たにユリアン・ナーゲルマン新監督を迎え入れて以降も、なかなか本来の姿を取り戻せていなかった同国代表だが、23日のフランス代表戦では、本大会の優勝候補から2−0で勝利を収め4試合ぶりの白星を飾った。


 対するオランダ代表は、EURO2024予選で6勝2敗を記録し、フランス代表に次ぐ2位でグループBを突破。1988年大会以来の優勝を目指して歩みを続ける“オランイェ”は、22日に同じく本大会へと駒を進めたスコットランド代表を相手に4−0の大勝を収めている。特に攻撃陣は直近5試合で13得点をマークするなど絶好調。EURO2024でも激突する可能性があるドイツ代表との一戦は、今後に向けた大事な試金石となってきそうだ。


 試合は、開始早々にアウェイのオランダ代表がスコアを動かす。4分に右サイドでドイツ代表がスローインを獲得すると、リターンを受けたマクシミリアン・ミッテルシュテットのバックパスがミスとなり、奪い取ったメンフィス・デパイがボックス内でのキープからクロスを供給。走り込んできたヨエイ・フェールマンがダイレクトでネットを揺らしてオランダ代表が先制に成功した。


 リードを許したドイツ代表だったが、10分に左サイドでコーナーキックを得ると、キッカーを務めたトニ・クロースが素早いリスタートを選択。細かくパスを繋いでボックス手前で待ち受けるミッテルシュテットにボールが送られると、ダイレクトで振り抜かれたシュートはクロスバーを叩いてゴールイン。ミッテルシュテットの代表初得点でドイツ代表が同点に追いついた。


 後半の立ち上がりはオランダ代表が支配率を高めてゲームを支配する。50分には右サイドでコーナーキックを獲得し、フェールマンが送ったクロスはクリアされたものの、セカンドボールに反応したドニエル・マレンがダイレクトでボレーシュートを放つが、強烈な一撃はGKの正面に飛んでしまった。


 61分にもオランダ代表が決定機を作り出す。味方の縦パスを受けたデパイがワンタッチでマレンに繋ぎ、カットを試みたDFのバックパスをライン際で回収。GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが飛び出していた隙を突いてゴール前にマイナスの折り返しを送り、デパイが右足で合わせたが、シュートは枠の上へと外れた。


 そんななか、85分にコーナーキックからドイツ代表がゴールを奪う。キッカーのクロースが鋭いボールを蹴り込むと、途中投入されたニクラス・フュルクルクが競り勝ち、体に当たったボールが枠へと向かう。GKバルト・フェルブルッヘンがライン際で掻き出したかに思われたが、ゴールラインテクノロジーによってゴールが認められ、ドイツ代表が逆転に成功した。

 

 結局、試合はそのまま2−1で終了し、ドイツ代表が逆転でオランダ代表を下した。今後ドイツ代表は6月3日にウクライナ代表と、オランダ代表は6月6日にカナダ代表と対戦する。


【スコア】

ドイツ代表 2−1 オランダ代表


【得点者】

0−1 4分 ヨエイ・フェールマン(オランダ代表)

1−1 11分 マクシミリアン・ミッテルシュテット(ドイツ代表)

2−1 85分 ニクラス・フュルクルク(ドイツ代表)