セリエA第30節が30日に行われ、ミランは敵地でフィオレンティーナと対戦した。


 現在は公式戦5連勝中で、セリエAに限定しても今季4度目の3連勝を飾っているミラン。前節終了時点での成績は19勝5分5敗の勝ち点「62」で、調子を落としているユヴェントスを抜き去って2位につけている。公式戦6連勝を目指す今節は、ここまで12勝7分9敗の勝ち点「43」で8位につけるフィオレンティーナの本拠地『アルテミオ・フランキ』に乗り込む。


 ミランはルベン・ロフタス・チーク、ラファエル・レオン、オリヴィエ・ジルーといった面々がスターティングメンバーに並んだ。一方、フィオレンティーナはルーカス・マルティネス・クアルタ、ルーカス・ベルトラン、アンドレア・ベロッティらが先発に名を連ねている。


 試合は立ち上がりからミランが攻め込み、11分には細かいステップのドリブルでボックス内へ侵入したR・レオンが、ボックス左から切り返して右足で狙ったものの、シュートは枠の外へ。17分にはR・レオンのクロスボールから、サムエル・チュクウェゼがヘディングシュートを放ったが、ここはGKピエトロ・テラッチアーノに弾き出された。


 対するホームチームも27分、敵陣右サイドでR・レオンとの競り合いを制したドドが頭で繋ぐと、ボールを拾ったジョナタン・イコネが裏のスペースへスルーパスを送る。抜け脱したベロッティが右足を振り抜いたが、ここは素早く間合いを詰めたGKマイク・メニャンに阻まれた。


 前半はこのままスコアレスで終了。後半に入ると一気に試合が動く。47分、アレッサンドロ・フロレンツィの蹴った長いボールが敵陣へ流れると、ルーズボールを拾ったR・レオンがチュクウェゼとのワンツーでボックス右へ侵入。ヒールで中央へ折り返すと、最後はロフタス・チークが押し込んだ。


 ミランが鮮やかな攻撃で先手を取ったものの、フィオレンティーナも直後に試合を振り出しに戻す。50分、ピッチ中央付近でロングボールを処理したマルティネス・クアルタが頭で繋ぐと、最前線のベルトランがダイレクトで落とす。ボールを受けたアルフレッド・ダンカンが左足で狙い澄ました一撃を沈めた。


 だが、ミランもこのまま黙ってはいない。続く53分、敵陣左サイドで長いボールを収めたタイアニ・ラインデルスが背後のスペースへスルーパスを送ると、駆け上がってきたR・レオンが一気にスピードアップ。飛び出してきたGKテラッチアーノもかわして無人のゴールに流し込み、ミランが再びリードした。


 その後は両チームともに悪くないシーンを作りながらも、これ以上スコアは動かずにタイムアップ。この結果、ミランが2−1で勝利し、3月の公式戦6戦全勝を達成した。一方、フィオレンティーナは公式戦3戦未勝利が続く。ホームゲームでは第22節インテル戦(●0−1)以来の黒星を喫した。


 次節、ミランは4月6日にレッチェをホームに迎える。一方、フィオレンティーナは3日にコッパ・イタリア準決勝ファーストレグのアタランタ戦が予定されており、7日には次節のセリエAでユヴェントスの本拠地に乗り込む。


【スコア】

フィオレンティーナ 1−2 ミラン


【得点者】

0−1 47分 ルベン・ロフタス・チーク(ミラン)

1−1 50分 アルフレッド・ダンカン(フィオレンティーナ)

1−2 53分 ラファエル・レオン(ミラン)