リヴァプールに所属する日本代表MF遠藤航に高評価が与えられている。


 プレミアリーグ第30節が3月31日に行われ、リヴァプールはブライトンと対戦。試合開始早々2分に先制点を許したものの、27分にルイス・ディアスのゴールで同点に追いつくと、65分にはモハメド・サラーが勝ち越しゴールを奪い、2−1で逆転勝利を収めた。なお、今節の結果でリヴァプールは首位に浮上している。


 試合後、選手採点を発表した地元紙『リヴァプール・エコー』はフル出場した遠藤に「7」点をつけ、「序盤はブライトンのカウンターのスピードに対応するのが難しかったが、すぐに顕著なタックルをし始めた。後半は高いプレッシャーをかけ続けるのに役立ち、いくつか優れた守備的なヘディングも見せた」と賛辞が送られた。


 また、イギリス紙『デイリーメール』では「6」と採点され、「遠藤がもたらすプレーを見るのが好きなことはたくさんあるが、見出しで多く取り上げられることは滅多にない。深く落ちることも多く、(フィルジル・)ファン・ダイクと(ジャレル・)クアンサーとともに3バックのような形を形成していた。サイドのクォーターバックになっていた」と評価された。


 さらに、地元メディア『Liverpool.com』でも遠藤は「7」点がつけられ、「ピッチ中央で何度か強烈なタックルを仕掛け、何度か(ダニー・)ウェルベックの前でスクリーンとして活躍し、ヘディングに競り勝つことで攻撃の展開を阻止していた。いくつかタイミングを間違えたが、概ね安定していた」と称賛されている。



【ハイライト動画】リヴァプールvsブライトン