2024明治安田J1リーグ第9節の9試合が20日と21日に行われた。


 セレッソ大阪がついに今季初黒星を喫した。敵地で名古屋グランパスと対戦し、序盤から押し込んでいたものの、65分にセットプレーから三國ケネディエブスにJ1初ゴールを挙げられ、今季初めて相手の先制を許す展開となる。直後、ルーカス・フェルナンデスのクロスが三國のオウンゴールを誘って同点に。しかし81分、永井謙佑の勝ち越しゴールを浴び、名古屋に1−2で敗れた。勝利した名古屋は直近6試合で5勝1分と好調を維持している。


 開幕から無敗のサンフレッチェ広島は、敵地で北海道コンサドーレ札幌と対戦。10分にアンラッキーな形で札幌の先制を許すと、50分に中野就斗が試合を振り出しに戻す。しかし、逆転の1点は奪えず、1−1で引き分けた。


 FC町田ゼルビアは、敵地でFC東京と対戦。古巣対戦のナ・サンホが10分に見事なボレーシュートを突き刺して先制する。21分にFC東京のPKを与えて追いつかれたものの、25分にオ・セフンが勝ち越しゴールをマーク。そのまま逃げ切りに成功した町田は、勝ち点を「19」に伸ばして再び首位に浮上した。


 ヴィッセル神戸は敵地で湘南ベルマーレと対戦。スコアレスドローで終わるかに思われた後半アディショナルタイム3分、大迫勇也のお膳立てから武藤嘉紀が先制ゴールを挙げ、1−0で勝利した。神戸は今季初の連勝、湘南は7戦未勝利となった。


 サガン鳥栖は鹿島アントラーズを破り、7試合ぶり今季2勝目を挙げた。鳥栖は10分に鹿島の先制を許すと、20分にはマルセロ・ヒアンがPKを失敗してしまう。それでも、その後にマルセロ・ヒアンが2得点を挙げるなど、鳥栖が3点を奪って逆転に成功。86分にPKを与えて鹿島に1点を返されたものの、その2分後に福田晃斗がダメ押しの4点目を決め、4−2で勝利した鳥栖は最下位から脱出した。


 東京ヴェルディと川崎フロンターレの“新旧川崎対決”はスコアレスドローで決着した。東京Vは3試合連続ドローで今季6分目。川崎Fは2012年7月以来、12年ぶりの4試合連続無得点りとゴール欠乏症に陥っている。


 アルビレックス新潟は谷口海斗が挙げた1点を守り切って京都サンガF.C.を下し、6試合ぶりの白星。京都は3試合連続の完封負けで6戦未勝利となった。


 敵地で浦和レッズと対戦したガンバ大阪は、78分にカウンターから坂本一彩が2試合連続ゴールを挙げて1−0で勝利。今季2度目の連勝となった。一方、決定力に欠いた浦和は、今季初の連敗に。


 アビスパ福岡vsジュビロ磐田は、両エースの活躍により2−2で決着。磐田がジャーメイン良の2ゴールで2点を先行したものの、福岡のシャハブ・ザヘディも負けじと2ゴール。勝ち点「1」ずつを分け合った。


 今節の試合結果と暫定順位表、次節の対戦カードは以下の通り。


◆■第9節

▼4月20日(土)

京都サンガF.C. 0−1 アルビレックス新潟

北海道コンサドーレ札幌 1−1 サンフレッチェ広島

サガン鳥栖 4−2 鹿島アントラーズ

アビスパ福岡 2−2 ジュビロ磐田

湘南ベルマーレ 0−1 ヴィッセル神戸

浦和レッズ 0−1 ガンバ大阪

川崎フロンターレ 0−0 東京ヴェルディ


▼4月21日(日)

FC東京 1−2 FC町田ゼルビア

名古屋グランパス 2−1 セレッソ大阪


▼5月29日(水)

19:00 横浜F・マリノス vs 柏レイソル


◆■順位表

※()内は勝ち点/得失点差


1位 町田(19/+5)

2位 C大阪(18/+6)

3位 広島(17/+9)

4位 神戸(17/+8)

5位 名古屋(16/+1)

6位 G大阪(15/+1)

7位 横浜FM(14/+3)

8位 柏(13/+1)

9位 鹿島(13/0)

10位 FC東京(12/0)

11位 新潟(12/−1)

12位 浦和(11/0)

13位 福岡(11/−1)

14位 磐田(10/0)

15位 東京V(9/−1)

16位 川崎F(8/−1)

17位 鳥栖(7/−7)

18位 湘南(6/−6)

19位 京都(6/−6)

20位 札幌(6/−11)


◆■第10節の対戦カード

▼4月27日(土)

13:00 札幌 vs 湘南

14:00 新潟 vs FC東京

14:00 磐田 vs 町田

14:00 神戸 vs 京都

15:00 C大阪 vs 横浜FM


▼4月28日(日)

14:00 東京V vs 福岡

14:00 広島 vs 川崎F

15:00 浦和 vs 名古屋

15:00 柏 vs 鳥栖

15:00 G大阪 vs 鹿島



【ゴール動画】さすがの勝負強さ。大迫勇也→武藤嘉紀で神戸が劇的勝利!