20日、『MTG』が開発した「MTG TAIKAN STREAM」と「MTG Style BX」の新製品発表会が行われ、日本代表DF長友佑都とプロゴルファーの片山晋呉氏が出席した。


「MTG TAIKAN STREAM」は水の入った大きなボトル、片山氏が開発に加わっている。ボトルを持ちながら様々なトレーニングを行うことによって体幹を鍛える製品として紹介された。一方「MTG Style BX」は体に巻きつけるバンド型の製品。背筋の伸びた美しい体型を維持するために開発され、長友が開発に協力している。


 イベントに出席した長友は「MTG TAIKAN STREAM」を使った新しいトレーニングを披露。トレーニングの名付け親を頼まれた長友は“バンビーノ”と命名、“アモーレ”に続く長友語録が誕生した。名前の由来を聞かれた長友は「バンビーノはイタリア語で赤ちゃんや小さい子供を意味します。自分の子供を扱うようにトレーニングしましょう。僕も将来、自分の子供ができたら優しく抱き上げたい」と、自身の将来を想像した。


 集合写真の場面では、4日後に結婚披露宴を控えた長友を会場全体がサプライズで祝福。「びっくりしました」と語った長友は、はにかみながら花束を受け取り喜びをあらわにした。


 製品発表後に行われた囲み取材では日本代表にも言及。「8、9月に2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選が控えてる。2戦とも勝てないとW杯にいけないので、今はオフだけど気は張り詰めている。2試合にしっかりと勝ってW杯にいきたいと思ってます」と言及した。


 1月29日に婚姻届を提出、2月頃からイタリアで平愛梨さんとの共同生活を始めた長友は、一番幸せなことを聞かれ「一緒に住んでいてくれるだけでたくさんサポートしてくれてます。そこにありがたい幸せを感じています」とコメントした。


 日本代表は、8月31日にはホームで2位のオーストラリア代表、9月5日にはアウェイで3位のサウジアラビア代表とW杯出場を懸けて上位陣と激突する。