先週末に開催された明治安田生命J1リーグ第15節。


 デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟大宮アルディージャ戦のピッチには、驚きのヘアスタイルをした選手がいた。


 新潟の10番であるチアゴ・ガリャルドは…


 なんと髪色を新潟のクラブカラーであるオレンジに染め、差し色としてブルーを入れたのだ!


 これはピッチのどこにいても目立つ……。


 右のサイドには星マーク! なんだかNBAで活躍したデニス・ロッドマンのようである。


 こちらは、今月4日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節セレッソ大阪戦での一枚。


 白いシャツを着たのがチアゴ・ガリャルドだが、ご覧の通り当時は黒髪の短髪であった。では、一体なぜこのようなド派手な髪型にトライしたのだろうか?


 チアゴ・ガリャルドのスタイリングを務めた美容師の長谷部崇さんが、Instagram上でこんな投稿をしていた。



 アップされていたのはチアゴ・ガリャルドの頭髪だ。


 キャプションによれば、こうした経緯があったらしい。


アルビレックス新潟の10番チアゴ・ガリャルド選手が、昨日の大宮戦でなぜあのヘアスタイルで試合に出場したのか……… TwitterなどSNSで多少反響があったので、彼のスタイルの本当の意味をちょっと長くなりますがみなさんに伝えます。 文章下手でスミマセン(>_