Jリーグ屈指の「海外サッカー通」として知られる、水戸ホーリーホックFW林陵平。


 現役でありながら、オフシーズンには『J SPORTS』のサッカー中継の解説をこなしたことさえある。


 そんな林はこれまでにも海外選手のゴールセレブレーションに挑戦してきたのだが、今季も連続してトライしてくれている。


 第16節のロアッソ熊本戦でゴールした際には…




 モナコで大ブレイクしたキリアン・ムバペの腕組み!


 第17節の大分トリニータ戦でゴールした際には…




 今シーズン、トリノで26得点をマークしたアンドレア・べロッティのパフォーマンス!




 ピッチに四つん這いになり、動物のように動く林。


 真似たのはもちろん、マルセイユFWバフェタンビ・ゴミスのアレだ。


 これまでムバペ、べロッティと“旬”な選手が続いていたが、一旦ポピュラーのパフォーマンスを選択したようだ。


 試合後、自身のTwitterで答えを発表するのも恒例に。次は誰のどのセレブレーションをコピーしてくれるのか今から楽しみだ。


 この日の試合で3−1と勝利した水戸は、これでなんとクラブ記録となる12戦負けなし。J2の順位表で7位につけ、2位の湘南ベルマーレとは勝ち点6差と迫っている。


(記事提供/Qoly)