インテルに所属するクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチの退団が近付いている。15日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。


 報道によると、ペリシッチは来週予定の中国ツアーが始まる前に、インテルを退団するという。同選手の練習模様に退団の意向が表れているとも報じられ、移籍に現実味が帯びている状況。行き先はかねてから噂のあったマンチェスター・Uとされている。


 また、インテルはペリシッチの放出に際し、マンチェスター・Uに金銭+選手を要求している模様。同クラブはフランス代表FWアントニー・マルシャルの期限付き移籍を望んでいるようだ。


 しかしながら、マンチェスター・Uはベルギー代表FWロメル・ルカクを獲得したものの、イングランド代表FWウェイン・ルーニーを放出し、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが長期離脱中。同クラブがFW陣の退団を認めるか否かは未知数だ。今年1月の移籍市場では、マルシャルへのオファーを退けたマンチェスター・Uだが、ペリシッチ獲得のために同選手を手放すことはあるのだろうか。