チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが自身のケガの状況を『インスタグラム』で報告した。


 チェルシーの中心選手として活躍しているアザールは、6月4日に行われたベルギー代表のトレーニングセッション中に足首を負傷。しかし、すでにジムでトレーニングを開始しており早い段階での復帰が可能だと予想されている。


 アザールは『インスタグラム』で「良い一週間だ。ギプスは外れた。今は一人でフィットネスを高めているよ」と投稿。復帰に向けての準備を着々と進めている。


 昨シーズンのリーグ戦で36試合出場16ゴールをマークしたチェルシーのエースの順調な回復ぶりは、新シーズンへポジティブな内容になっている。