バレンシアは16日、所属するブラジル代表GKジエゴ・アウヴェスの移籍について、フラメンゴと合意に達したと発表した。


 バレンシアは今夏の移籍市場でユヴェントスからブラジル人GKネトを獲得しており、それにともなう放出と見られている。


 D・アウヴェスは1985年生まれの32歳。母国のアトレチコ・ミネイロでデビューすると、2007−08シーズンにアルメリアに移籍し、スペインでの挑戦を始める。2008年にはブラジル代表として銅メダルを獲得した。11−12シーズンからはバレンシアでプレー。バレンシアで過ごした6シーズンでは公式戦通算175試合に出場し、チームを後ろから支えた。またD・アウヴェスは世界屈指のPKストッパーとしても名を馳せ、スペイン移籍以降、クラブで受けたPKの数は50。そのうちなんと24本のストップに成功しており、50パーセント近いPK阻止率を誇る。これはもちろんリーガ・エスパニョーラ最多セーブ記録だ。