元スペイン代表FWミチュが現役引退を決めた。31歳の若さで現役引退ということになった。イギリスメディア『BBC』が17日付で報じている。


 2012−13シーズンにラーヨ・バジェカーノから200万ポンド(約3億円)でスウォンジーに移籍したミチュ。移籍初年度には22ゴールを挙げ、フットボールリーグカップ優勝をもたらした。しかし、スウォンジー在籍時に足首を負傷、スペインのマイナークラブであるラングレオへ移籍した。そして16年にはオビエドへ活躍の場を移したが、この度引退を決意した。


 プレミアリーグ初年度からインパクトを残したミチュは、その移籍金の安さも相まって同シーズン最大の衝撃とまで謳われた。しかし、13年11月3日に行われたプレミアリーグ第10節のカーディフ戦で足首を負傷。その後移籍したナポリでも足首を痛めており、この負傷が引退の原因と目されている。


 スウォンジーは『ツイッター』上で「ミチュが引退することをとても悲しく思います。スウォンジーに素晴らしい思い出をありがとう」と、感謝のメッセージを投稿した。


 

 ミチュはこれまで公式戦292試合に出場、74ゴール17アシストを記録した。