カリアリは18日、元イタリア代表FWマルコ・ボッリエッロとの新契約を正式発表した。


 従来の契約は2018年6月30日までとなっていたが、2019年6月30日まで契約を更新した。


「嬉しく思う。望んでいた新契約だ」と語るボッリエッロは「目標は何よりも先ずは残留だ。もし、昨シーズンのように、素晴らしい1年となるようだったら、なおさら良いだろう。それから、もし(イタリア代表の)ヴェントゥーラ監督が、イタリア代表を手助けするために自分を必要としてくれたら、僕はそれに応じる準備ができている」と、イタリア代表への復帰にも意欲を示した。

 

 34歳のボッリエッロは、昨年8月にカリアリに入団。昨シーズンのセリエAでは、36試合に出場し、16ゴールをマークして、ジェノアでプレーした12-13シーズン以来となる二桁得点を記録した。