スペイン紙が可能性を報じ、ブラジルのメディアが「合意」を伝えたブラジル代表FWネイマールパリ・サンジェルマン移籍。バルセロナ副会長や選手の父は移籍を否定したとの報道もあり、情報が錯綜している。


 そんな中、スペイン紙『マルカ』は18日、「ネイマールを誘惑する5つの議論」と題し、成立すれば移籍金史上最高額を更新する大型移籍の実現性を論じた。


1.メッシの“黒子”から脱する

 パリ・サンジェルマンはネイマールにスターの地位を与えるだろう。もはやリオネル・メッシの引き立て役としての扱いはなくなる。メッシが先日契約を延長したことを考慮すると、バルセロナのエースとなるには時間がかかってしまう。


2.バロンドール獲得の可能性

 もしネイマールがパリに舞台を移し、ビッグクラブの主役を演じることになれば、個人的なゴールと認めているバロンドール獲得へさらに近づく可能性が高まる。メッシとクリスティアーノ・ロナウドが独占するバロンドールには、2015年にその両選手に次ぐ3位まで迫っている。


3.最高給選手という栄誉

 パリ・サンジェルマンはネイマールをチーム最高給プレイヤーにするだけでなく、メッシやC・ロナウドを超えるフットボーラー最高給の待遇を準備している。これは現在バルセロナから受けとっているものに1500万ユーロを足した金額になるという。


4.ネイマールとブラジルの仲間たち

 ネイマールはパリを母国のように感じるかもしれない。代表でも時間をともにするマルキーニョス、チアゴ・シウバ、ルーカス・モウラがすでにパリでプレーしているし、兄弟のように仲の良いダニエウ・アウヴェスの加入も決まった。彼らブラジリアンはネイマールを両手を広げて歓迎するだろう。


5.ピッチでの自由

 メッシ、ルイス・スアレスとともに攻撃陣を形成するネイマールは通常、左サイドに固定して起用されている。もちろん彼の最も得意なポジションではあるが、自由な動きは制限されている。パリ・サンジェルマンではブラジル代表で見せるような自由が与えられ、さらに中央でのプレーができるようになるかもしれない。