レアル・マドリードからバイエルンに加入したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスについて、バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督がコメントした。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。


 J・ロドリゲスとアンチェロッティ監督は2年ぶりの再会。同選手は2014年夏、モナコから当時アンチェロッティ監督率いるレアル・マドリードへと移籍を果たした。アンチェロッティ体制では、公式戦46試合出場17ゴール18アシストをマークしていた。


 アンチェロッティ監督にとっても、切望していた“愛弟子”の獲得に成功した形となったが、出場時間の保証はないことを強調した。


「我々が彼を獲得した理由は、あくまでチームをより良くするためだ。出場機会を得るにふさわしいならばプレーすることになるし、そうじゃないならばベンチに座ることになる。それは彼自身も理解していることだよ」。


 一方、ドイツ代表FWトーマス・ミュラーはJ・ロドリゲスとの定位置争いが予想されるが「彼は僕たちのクオリティを向上させてくれる存在だ」と、活躍に期待していることを明かした。「重要な試合において、ハメスといういいオプションが加わった。彼はいい選手だし、定位置争いを激しくしてくれるよ。ただ最終的に決断を下すのは監督さ」と冷静に語っている。