レアル・マドリードに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタが、チェルシーへ移籍することで合意に至った。19日に両クラブが発表した。スペイン紙『マルカ』によると、同選手の移籍金額は最高で8000万ユーロ(約103億1000万円)前後となる模様。同選手のパフォーマンス次第で金額が変動するようだが、サッカー界史上8番目の高さだと報じられている。


 同紙はモラタの移籍金について、スペイン人FWフェルナンド・トーレス(現アトレティコ・マドリード)が2011年にリヴァプールからチェルシーへ加入した際の移籍金を上回り、同国選手史上最高額だと伝えていた。そして新たに掲載された記事では、モラタがサッカー界全体における高額移籍金ランキングで歴代8位に入ったと伝えられている。


『マルカ』はユーロでの額面で歴代移籍金ランキングを紹介。史上最高額は昨年夏にユヴェントスからマンチェスター・Uへ移籍したフランス代表MFポール・ポグバの1億500万ユーロとなっている。以下、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・Uからレアル・マドリードへ/2009年)が9600万ユーロ、ウェールズ代表FWギャレス・ベイル(トッテナムからレアル・マドリードへ/2013年)が9100万ユーロと続いている。


 歴代移籍金ランキングは以下のとおり。


▼1位(1億500万ユーロ)

ポール・ポグバ(ユヴェントスからマンチェスター・Uへ/2016年)


▼2位(9600万ユーロ)

クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・Uからレアル・マドリードへ/2009年)


▼3位(9100万ユーロ)

ギャレス・ベイル(トッテナムからレアル・マドリードへ/2013年)


▼4位(9000万ユーロ)

ゴンサロ・イグアイン(ナポリからユヴェントスへ/2016年)


▼5位(8540万ユーロ)

ネイマール(サントスからバルセロナへ/2013年)


▼6位(8500万ユーロ)

ロメル・ルカク(エヴァートンからマンチェスター・Uへ/2017年)


▼7位(8100万ユーロ)

ルイス・スアレス(リヴァプールからバルセロナへ/2014年)


▼8位(8000万ユーロ)

アルバロ・モラタ(レアル・マドリードからチェルシーへ/2017年)


▼9位(7510万ユーロ)

ジネディーヌ・ジダン(ユヴェントスからレアル・マドリードへ/2001年)


▼10位(7500万ユーロ)

アンヘル・ディ・マリア(レアル・マドリードからマンチェスター・Uへ/2014年)

ハメス・ロドリゲス(モナコからレアル・マドリードへ/2014年)


▼12位(7400万ユーロ)

ケヴィン・デ・ブライネ(ヴォルフスブルクからマンチェスター・C/2015年)


▼13位(6950万ユーロ)

ズラタン・イブラヒモヴィッチ(インテルからバルセロナへ/2009年)


▼14位(6800万ユーロ)

ラヒーム・スターリング(リヴァプールからマンチェスター・Cへ/2015年)


▼15位(6500万ユーロ)

カカ(ミランからレアル・マドリードへ/2008年)


 2013年以降の5シーズンにおける移籍が15選手中10名を占めているように、時代背景も関連するため、また選手の移籍時における年齢も大きく影響するため、一概には言えないものの、モラタがサッカー史に残る高額移籍金でチェルシーへと向かうことは間違いなさそうだ。初挑戦のプレミアリーグで、金額に見合う活躍を見せることはできるだろうか。