サウサンプトンは19日、イングランド代表GKフレイザー・フォースターと契約延長に合意したと発表した。


 フォースターは昨年5月にも契約延長にサインしていたが、今回の合意で契約をさらに1年延長。2022年までの5年契約を結んだ。


 フォースターは公式サイトを通じてコメントを発表。「とても光栄だ。心の底からこのクラブを愛しているし、この話が来た時は即決だったよ。ここは素晴らしいクラブで輝かしい未来がある。前に進もうという野心に溢れており、簡単な決断だった」と語った。


 クラブの副会長も「フレイザーとの関係をさらに深めることができてとても嬉しい。彼はすでにプレミアリーグでも指折りのGKで、ここ3シーズン中心選手として活躍した。まだ29歳であり、彼のベストはこれからだ。フレイザーのプレーがここで長く見れることはとても喜ばしい」とコメントを寄せた。


 29歳のフォースターは2014年にセルティックからサウサンプトンに加入。すぐに主力に定着し、3シーズンで公式戦103試合に出場、昨シーズンはリーグ戦全38試合にフル出場するなど、守護神として君臨した。