マンチェスター・Cが、レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFダニーロの獲得に迫っているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が19日に報じている。


 以前から複数クラブが熱視線を送っていると報じられていたダニーロ。11日付のスペイン紙『マルカ』によれば、チェルシーのアントニオ・コンテ監督が獲得を熱望し、ユヴェントスも同選手に関心を示しているとのこと。さらにマンチェスター・Cも獲得への動きを報じられ、動向に注目が集まっていた。


 そして今回の報道によると、ダニーロ獲得に迫っているのはマンチェスター・Cだという。同クラブは移籍金2600万ポンド(約37億9000万円)にボーナス400万ポンド(約5億8000万円)を用意しており、移籍合意に近づいていると報じられている。


 マンチェスター・Cは昨シーズン終了後、元フランス代表DFガエル・クリシーやフランス代表DFバカリ・サニャの退団が決定。今夏の移籍市場ではサイドバックの補強が重要課題の一つで、トッテナムからイングランド代表DFカイル・ウォーカーを獲得することがすでに決まっている。さらに、両サイドでプレー可能なダニーロも加入する見通しとなった。


 ダニーロは現在26歳。昨シーズンのリーガ・エスパニョーラで17試合出場1ゴールと、半数以下の出場にとどまった。