アーセナルが、ドイツ代表MFメスト・エジルと契約延長に近づいているようだ。20日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。


 アーセナルとの現行契約が来夏で満了を迎えるエジルには、以前から移籍の可能性が取り沙汰されていた。しかし、同クラブが週給28万ポンド(約4060万円)を提示し、合意に近づいていることが報じられている。


 エジルは、週給35万ポンド(約5080万円)を要求し、その金額を用意できるクラブへの移籍を考慮していた。しかし、その金額で獲得に関心を示すクラブがなく、アーセナルが提示する週給での残留を決めた模様。新シーズンの開幕前には、新契約を結ぶ予定のようだ。


 同選手は昨シーズン、44試合に出場し、12得点14アシストをマーク。アーセナルの攻撃を支える中心選手として活躍している。