20日、ガラタサライ(トルコ)がホームでヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦セカンドレグを戦い、エステルスンド(スウェーデン)と1−1で引き分けた。ファーストレグはアウェイで0−2と敗れていたため、2戦合計スコアが1−3となり、敗退が決まってしまった。


 ヴィッセル神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが在籍していたガラタサライ。トルコのスュペル・リグで20回優勝、ELの前身のUEFAカップ制覇も経験しているトルコの強豪クラブだ。昨シーズンはリーグ4位となり、EL予選出場権を獲得していた。


 対するエステルスンドは、6年前まで4部に在籍していたチーム。昨シーズンのスウェーデンリーグでは8位だったが、スウェーデンカップで頂点に立ち、EL予選出場権を手にしていた。


 ガラタサライはファーストレグで16本のシュートを放ちながらも決めきれず、一方のエステルスンドは枠内シュートが3本。そのうち2本をしっかりと決め、貴重な勝利を掴んでいた。


 ガラタサライのホームで行われたセカンドレグでは、DFマイコン、モロッコ代表MFユネス・ベランダなどが出場したものの、60分にPKで先制を許すと、69分に同点に追いついた後は点を奪えず、試合はドローで終了。ファーストレグの結果が響き、敗退が決定した。