『明治安田生命Jリーグ ワールドチャレンジ2017』の前日会見が行われ、鹿島アントラーズと対戦するセビージャからエドゥアルド・ベリッソ監督、セルヒオ・エスクデロが出席した。



 17日のセレッソ大阪戦で3−1と勝利し、日本遠征で連勝を狙うセビージャ。ベリッソ監督は「Jリーグの人気クラブである鹿島と戦うことができて光栄です。温かく迎え入れてくれたことに感謝します」と語ると、エスクデロは「皆さんに楽しんでもらうためにも、明日はいい試合にしたいと思います」と意気込んだ。


 鹿島は昨年12月に行なわれたFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝戦で、同国のレアル・マドリードと対戦。これについてベリッソ監督は「クラブワールドカップ決勝戦は見ています。鹿島はレアルを窮地を追い込んだチームです」と警戒心を強める。「そんな鹿島を相手にいい試合がしたいですね」と続けた。


 また、マンチェスター・Cからの加入が決定したノリートについては「3日前に合流したばかりです。明日は起用しない方向で考えています」と明かした。



 鹿島対セビージャの一戦は、茨城県立カシマサッカースタジアムにて18時キックオフ。DAZN(ダ・ゾーン)で生中継されるほか、Abema TV、ニコニコ生放送、360Channel、スポーツナビ、Jリーグ公式SNS(YouTube、Facebook、Twitter、LINE)での配信を予定している。