アーセナルバルセロナに所属しているブラジル代表MFラフィーニャ獲得に近づいているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が21日に伝えた。


 同メディアによると、アーセナルはバルセロナからラフィーニャにサインする機会を与えられているとのこと。バルセロナはアーセナルが3000万ユーロ(約43億円)以上のオファーを提示すれば同選手の移籍に応じるようだ。ラフィーニャは膝の負傷が回復しておらず、現在バルセロナのプレシーズンツアーには帯同せずにリハビリを行っている。同選手は出場機会の増加を望んでおり、プレミアリーグの中でもプレースタイルが合うアーセナルへの移籍に興味をもっていることを以前明かしていた。


 同選手は現在バイエルンミュンヘンに所属しているスペイン代表MFチアゴの実弟であり、バルセロナ下部組織出身の24歳。昨シーズンは公式戦通算28試合に出場し7ゴールを記録するなどキャリアハイの活躍を見せていたが、4月に右ひざを負傷。全治4カ月の重傷を負い、終盤戦を欠場していた。