インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017の中国ラウンドが22日に行われ、バイエルンとミランが対戦した。


 今夏これまで10人獲得し積極補強を見せているミランは、14分に新加入のリカルド・ロドリゲスが左サイドからクロスを送ると、こぼれ球を同じく新加入のフランク・ケシエが右足で押し込み、先制に成功した。


 25分には左サイドからのFKでR・ロドリゲスのボールを、19歳のパトリック・クトローネが頭で合わせて追加点。さらに43分には、流れるようなパスワークから、ジャコモ・ボナヴェントゥーラのクロスをクトローネが合わせて、リードを3点に広げた。


 3点ビハインドで折り返したバイエルンは、マッツ・フンメルスとフランク・リベリーを下げて、レナト・サンチェスと新加入のハメス・ロドリゲスを投入。後半に反撃を狙うが、ゴールは遠い。


 ミランも後半開始から新戦力のアンドレ・シウヴァやルーカス・ビリアらを入れ、63分にもハカン・チャルハノールやレオナルド・ボヌッチを送り出す。すると85分、左サイドでパスを受けたチャルハノールが中央に切り込み、右足シュートをゴール左隅に突き刺した。


 試合はこのままタイムアップを迎え、ミランが4−0でバイエルンに完勝した。


 バイエルンはシンガポールに移動し、25日にICC2017でチェルシーと対戦。ミランは中国ツアーを終え、27日にはヨーロッパリーグ予選3回戦でクラヨーヴァ(ルーマニア)とのアウェイゲームに臨む。


【スコア】

バイエルン 0−4 ミラン


【得点者】

0−1 14分 フランク・ケシエ(ミラン)

0−2 25分 パトリック・クトローネ(ミラン)

0−3 43分 パトリック・クトローネ(ミラン)

0−4 85分 ハカン・チャルハノール(ミラン)