22日、中国でチェルシーアーセナルのプレシーズンマッチが行われた。


 チェルシーはチームに帯同していないメンバーを除けば、ほぼ昨シーズンのレギュラーメンバーで試合に臨んだ。一方のアーセナルも期待の新戦力アレクサンドル・ラカゼットが先発メンバーに名を連ねた。


 29分、チェルシーにアクシデント。ダヴィド・ルイスのロングパスに抜け出したペドロがダビド・オスピナと接触。一度は自分の足でピッチを出たが試合に復帰することはできずにジェレミー・ボガと交代する。


 それでも最初にゴールを奪ったのはチェルシー。40分、ショートカウンターを仕掛けるチェルシーはボールを奪ったミシー・バチュアイが中央やや左サイドよりに走り込んだウィリアンへスルーパス。そのままペナルティーエリア内へ侵入すると、右足を振り抜く。これがゴールポストに当たって入り、チェルシーが先制に成功する。


 その後の42分、再びチェルシーにチャンス。エンゴロ・カンテからパスを受けたバチュアイがワンタッチで前を向く。相手DFが寄せる間もなくシュートを放ち、これがゴール左隅に決まる。昨シーズンプレミアリーグの王者がリードを2点に広げ前半を折り返す。


 後半にアーセナルは一挙6選手を入れ替える。一方のチェルシーはティボー・クルトワとウィリー・カバジェロのGK交代を行った。


 49分、またもチェルシーがリードを広げる。左サイドでパスを受けたマルコス・アロンソが中へ切り込む。ペナルティーエリアに入ったところで中央に走りこんできたバチュアイへパス。左足を振り抜き、強烈なシュートがゴールネットに突き刺さった。バチュアイはこの日2得点、昨シーズン控えに甘んじていた23歳が結果を残した。


 58分、アーセナルにビックチャンスが訪れる。クロスがこぼれたところをオリヴィエ・ジルーが身を投げ出し、なんとか後ろへ落とす。このボールにフランシス・コクランが反応、強烈なシュートを放つもわずかに枠を捉えられない。


 その後両チームとも攻め続けるも得点は生まれず、チェルシーがプレシーズン初戦を制した。


【スコア】

チェルシー 3−0 アーセナル


【得点者】

1−0 40分 ウィリアン(チェルシー)

2−0 42分 ミシー・バチュアイ(チェルシー)

3−0 49分 ミシー・バチュアイ(チェルシー)