マンチェスター・Uがパリ・サンジェルマン所属のイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティにオファーを提示していることが明らかになった。イギリス紙『デイリーミラー』が22日に報じている。


 同紙によると、マンチェスター・Uは同選手の獲得のために6000万ポンド(約87億円)のオファーを提示した模様。同クラブはチェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチ獲得を目指していたが、交渉が難航していることを受けジョゼ・モウリーニョ監督がヴェラッティの加入を望んだようだ。


 パリ・サンジェルマンはヴェラッティの移籍を認める代わりに、マンチェスター・Uからフランス代表FWアントニー・マルシャルの獲得を要求しているとみられている。


 マンチェスター・Uは、ヴェラッティが新しい代理人としてミノ・ライオラ氏を任命したことで獲得に本格的に乗り出した。ライオラ氏は元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチやフランス代表MFポール・ポグバのマンチェスター・U移籍に貢献している。また、今月初めにはロメル・ルカクを同クラブに連れて来ており、モウリーニョ監督はマティッチよりも移籍金を取られることはなく同選手を獲得できると考えているようだ。


 現在23歳のヴェラッティは、2012年7月にペスカーラからパリ・サンジェルマンに移籍すると、同クラブで公式戦通算158試合に出場し3得点を記録している。