新しくバルセロナを指揮するエルネスト・バルベルデ監督が、噂されているブラジル代表FWネイマールの移籍騒動について口を開いた。イギリスメディア『BBC』が23日付で報じている。


 近頃、パリ・サンジェルマンがネイマール獲得に動いており、契約解除金である1億9900万ポンド(約288億円)を支払う準備を整えている。しかしバルセロナの会長であるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏が『BBCスポーツ』に「彼は売らない」と語った。


 インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017のアメリカラウンドが23日に行われ、ユヴェントスとバルセロナが対戦。話題のネイマールが2ゴールを挙げユヴェントスに勝利した。同試合の終了後にネイマールは今回の騒動について一切の情報を口にしなかったが、バルベルデ監督がコメントを残したという。


「私たちはネイマールにここに残って欲しい。彼のピッチ上での価値はわかっている。彼がロッカールームにもたらしてくれるものもね」とコメント。


 ネイマールは2013年にサントスからバルセロナへ移籍。これまでバルセロナで186試合に出場105ゴール80アシストを記録している。


 日を追うごとに熱をますネイマール移籍騒動は果たして、どのような結末を迎えるのか。