インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017のアメリカラウンドで、レアル・マドリードとマンチェスター・Uが対戦した。


 サンフランシスコで行われた一戦は、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)王者とヨーロッパリーグ(EL)覇者の顔合わせに。UEFAスーパーカップの“前哨戦”とも言える試合になった。レアル・マドリードはGKケイロル・ナバスやマルセロ、ギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマらが名を連ねている。対するマンチェスター・Uは、マイケル・キャリックやマーカス・ラッシュフォード、マルアン・フェライニらが先発出場した。


 開始7分、マンチェスター・Uのジェシー・リンガードがペナルティーエリア手前でパスを受けると、強烈なミドルシュート。枠を捉えたが、GKナバスに阻まれた。以降もマンチェスター・Uが攻勢をかけ、チャンスを作り出していった。


 そして前半終了間際、均衡を破ったのはマンチェスター・Uだった。アントニー・マルシャルが敵陣左サイド深くからドリブルでカットイン。鮮やかなボールタッチで3選手をかわすと、ペナルティーエリアに入って冷静にラストパスを送る。フリーで待っていたリンガードが難なく押し込み、先制に成功した。


 1−0で迎えた後半開始時、両チームともに複数の選手交代を行った。レアル・マドリードはカゼミーロや新加入のテオ・エルナンデスらを投入。マンチェスター・Uは新加入のロメル・ルカクやポール・ポグバらがピッチに立った。


 レアル・マドリードは69分、スルーパスに反応したT・エルナンデスがペナルティーエリア左側で相手に倒され、PKを獲得。カゼミーロが豪快に決め、スコアは1−1となった。


 終盤に勝ち越しゴールは生まれず、1−1で90分を終えた。決着はPK戦に持ち越され、2人目までは両チームともに失敗。4人目を終えて1−1と、キック成功率が低いPK戦となった。先攻のマンチェスター・Uが2−1とし、レアル・マドリードの5人目はカゼミーロ。強烈なシュートはクロスバーに阻まれ、2−1でマンチェスター・UがPK戦を制した。


【スコア】

レアル・マドリード 1−1(PK:1−2)マンチェスター・U


【得点者】

1−0 45分 ジェシー・リンガード(マンチェスター・U)

1−1 69分 カゼミーロ(PK)(レアル・マドリード)