インテルのルチアーノ・スパッレッティ監督はクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチの移籍を容認した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が23日付で報じている。


 同メディアによると、獲得を狙っているマンチェスター・Uとインテルの交渉は今週の初めには合意に近づくと報道。移籍金は4800万ポンド(約69億円)と伝えられた。


 ペリシッチは中国で行われていたインテルのプレシーズンマッチに参加している。シャルケとの一戦で45分間プレーし、試合は1−1のドローに終わっている。


 ジョゼ・モウリーニョ監督は今夏の移籍市場でベルギー代表FWロメル・ルカク、スウェーデン代表DFヴィクトル・リンデルフを獲得しているが、少なくともあと1人は「なるべく早く」新戦力の補強を完了させたいと語っている。


 昨シーズンのセリエAで11ゴールをマークしたペリシッチを手元に置いておきたいと考えているスパッレッティ監督だが、同選手退団の可能性を認めている。


「彼は素晴らしいプレイヤーだ。もし彼の将来が私にかかっているのだとしたら、間違いなく放出はさせないよ」と記者会見で言及。「しかし、オファーが来てクラブが満足したのなら、そしてその資金がよりチームを強くするのなら、私は手放さなければいけない」とコメントした。