アーセナルに所属するイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンがとある人物の真似をしたようだ。イギリス紙『ミラー』が23日付で報じている。


 中国でプレシーズンツアーを行っているアーセナル。試合のない日は、それぞれ楽しい休日を過ごしている。そこで、中国のスポンサーとサポーターに向けてファンイベントが開催された。


 イベントの中でチェンバレンは“塩ファサー”でおなじみのヌスラト・ガネーシュさんの真似を披露。“ドヤ顔”も見せて会場の笑いを誘った。


 また、同紙はアーセナルがプレシーズンの中に見せた興味深い一面も掲載。卓球に夢中になったり、バレエの練習をする選手たちや、元チェコ代表GKペトル・チェフが緊張した様子で棒を回している様子を見ることができる。