マンチェスター・Uに所属するコートジボワール代表DFエリック・バイリーが、来月8日に行われるUEFAスーパーカップのレアル・マドリード戦とチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節の出場停止処分を科された。イギリス紙『デイリーメール』など複数メディアが24日に報じている。


 バイリーは昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグ、セルタとの一戦で相手選手と小競り合いになって暴力行為をし、レッドカードで退場処分となっていた。EL決勝は出場停止となっていたが、UEFA(欧州サッカー連盟)が追加処分を決定。2試合の出場停止が加算されることとなった。


 今回の追加処分により、バイリーは8月8日に行われるUEFAスーパーカップのレアル・マドリード戦、そしてCLグループステージの初戦に出場することができなくなった。守備の要を欠くこととなり、マンチェスター・Uにとっては痛手となるだろう。