チェルシーのベルギー代表FWミシー・バチュアイが自身のツイッターで、チームメイトのフランス代表MFエンゴロ・カンテと“フュージョン(融合)”する動画を貼り付けている。イギリス紙『デイリーメール』が伝えた。


 現在、アジアツアー中のチェルシー。22日に中国で行われたアーセナルとのプレシーズンマッチでは、バチュアイが2得点を挙げるなど活躍し、3−0で快勝した。25日にはシンガポールでバイエルンとの試合が控えているため、チームはシンガポールに移動してトレーニングに臨んだ後、プールでクールダウンを行ったようだ。


 そのプールで、かねてから無類の『ドラゴンボール』好きとして知られるバチュアイが、再び“ドラゴンボール愛”をアピールし、注目を集めている。


 最初はバチュアイのインスタグラムで作成されていた動画のようだが、バチュアイはツイッターでファンが貼り付けたものを再度引用して投稿した。


 動画にはタオルを腰に巻いたバチュアイとカンテが登場。そして2人でプールサイドに並び、『ドラゴンボール』ではおなじみの“フュージョン”ポーズを決めているのだ。“フュージョン”とは、2人の人間が結合し1人の人間となる現象で、作品内で2人の戦士が融合して、より強力な超戦士となるために用いられている。


 ツイッターでは、バチュアイとカンテが融合した際の新しい選手名を考える者や、このポーズをゴールパフォーマンスで見たい、との声が寄せられるなど、大きな反響を呼んでいるようだ。


 バチュアイはこれまでにも度々『ドラゴンボール』の熱狂的なファンであることをアピール。昨シーズンのプレミアリーグ優勝メダルを、自宅にある超サイヤ人孫悟空の巨大フィギュアに掛けた写真を掲載したこともあった。