元デンマーク代表GKトーマス・セーレンセンが現役引退を表明した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が24日付で報じている。


 現在41歳のセーレンセンは、デンマーク代表として101試合に出場。サンダーランドアストン・ヴィラ、ストークなどのプレミアリーグのクラブでプレーし、400試合以上に出場した。


 メルボルン・シティでキャリアを終えるセーレンセンは、来年開催予定の3500kmを走るチャリティーバイクの大会「ライド・フォー・キッズ」に出場する予定だ。


 セーレンセンは『インスタグラム』上で「素晴らしい誇りと少し寂しい気持ちだ。今日をもってプロサッカー選手を引退する。最高の旅ができたことを、人々に感謝したい。家族、友達、クラブ、コーチ、選手、そしてファンのみんな…ありがとう。みんなの素晴らしいサポートを忘れることはない。僕たち家族はメルボルンに住んで、来年2月に開催される『ライド・フォー・キッズ』に参加するよ」と投稿。これまでの選手人生を噛み締めていた。


 セーレンセンは2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ共和国大会にデンマーク代表として参加。日本中が歓喜に沸いた6月24日の日本対デンマーク戦に先発出場し、日本代表MF本田圭佑と遠藤保仁がFKを決めた相手として日本のサッカーファンから認知されている。