バイエルンは25日、スペイン代表DFフアン・ベルナトが左足首の手術を受けたと発表した。


 ベルナトは22日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017の中国ラウンド、ミランとの一戦で負傷。同選手は先発出場していたが、競り合いの際に足首を痛めて31分で交代を強いられた。


 バイエルンの発表によると、ベルナトはチームを離脱してミュンヘンへ戻ったという。左足首のじん帯結合部損傷との診断で、24日に手術を受けて無事に成功したと伝えられている。


 全治見込みなどの詳細は明かされていないものの、新シーズン開幕を前にベルナトが離脱を強いられることとなってしまった。同選手は昨シーズン、ブンデスリーガで18試合出場2ゴールを記録している。